病を治す

<PR> 伊勢崎市内の屋根工事

休みは二日あってもあっという間に過ぎていきます。やりたいことが山ほどあるのに、のんびり気質の為、結局半分くらいしか出来ずじまいで、「また来週やろっと」ということになるのです。

昨日は長男の持病の勉強会に出かけて、色々話しを聞きながらメモを取りまくって少々疲れて帰ってきました。でもなかなか病院でも教えてもらえないことが沢山、聞けてありがたい貴重な時間でした。
子供とその病気との付き合い方の気持ちの上での大切なこと教わりました。それは「暗示」です。特このアトピー性皮膚炎に関しては精神的要因やストレスが大きく影響します。
この暗示も思い込みと同じで、良い方にも悪い方にも転びます。この「暗示」を親の私が子供にかけるのです。これからはこれが私の仕事だと思いました。どんな時でもあの子の心に寄り添い信じ続けることを辞めないこと。そうすることでいつかあの子が自分で自分に暗示をかけることが出来る時がきっとくると思います。そんな日を楽しみにしながら、私が今あの子に出来ることどんどんやっていこう思っています。