アフターメンテナンスが安心な注文住宅

古くなった一戸建てを取り壊して、そこに新たに注文住宅を建てました。解体から引き渡しまでの期間、近くの賃貸物件を借りるという手間はありました。それでも自己所有の土地の古い木造住宅を取り壊して、新たに注文住宅を建てることができたので、土地取得の必要もなくかなりうまくはかどった方だと思います。以前から気心のわかっている工務店との綿密な打ち合わせができていて、間取りやライフスタイルについて調整ができていたので、満足できる仕上がりになっていました。

そんな住まいですが日本に上陸した台風の被害を受けてしまいました。風の通り道になってしまったので、外壁やガラスに影響がみられました。そんな折にも一見の業者に修繕を依頼するのではなく、建てた工務店にそのままアフターメンテナンスをしてもらえたのでとても信頼が強かったです。きちんと手を加えてくれることで傷んでしまったことはやむをえませんが、その時の状態がどのようなものであるかを教えてもらえたり、それに必要な修理を確実にしてもらえるので、安心して暮らせています。

カテゴリー: 注文住宅 パーマリンク