わが家の自慢は広く感じる一室空間住宅な事

わが家の住まいの自慢は、広く感じられるところですね。一戸建て住宅を建てる予定の土地が狭いということもあって、わが家は一室空間タイプの間取りの家にしています。なお、設計士さんの推薦です。

一室空間タイプの家は、その名の通り一室にすべてを配置するような家のことです。リビング、ダイニング、キッチンがひとつのフロアーに配されています。また、壁側にはオープン階段も配置されています。ですから、家族共有のスペースがすべて一室に配されているのです。

まあ、子供部屋やバスルームやトイレや寝室など、個室になっているところの方が多いのですが、しかしメインのスペースがひとつの空間に配されていますので、それはもう開放感はありますよ。だって、家の中でも最もスペースをさく部分をひとつにまとめて、そしてなおかつリビング上部は吹き抜け天井になっていますからね。これは設計士さんの勝利だと思いました。

ですからわが家の坪数を伝えると、100パーセントの確率で驚かれますね。狭い土地ですが、間取りを工夫することにより、開放感のある広いスペースに見せることができている点が、わが家の自慢できるところだと思っています。

カテゴリー: 新築一戸建て, 注文住宅 パーマリンク